使用目的の違う水着

現在使用されている水着は、使用目的の違いによって分類することができます。例えば、運動用の水着の中でも、オリンピック選手などの使用するものには、新素材やハイテク素材が多く採用されます。また、ライフセーバーの水着には、危険回避や体温保持を目的とした、全身を包み込むようなものが多く見受けられます。また、競泳用と呼ばれる水着は、基本的に、水泳連盟に公認されています。こちらは、密着度・圧迫度がたいへん高いのが特徴的で、水の抵抗が少なく、身体の無駄なブレを防ぐことができますが、耐久性が低く、劣化のリスクが高いという問題があります。 次に、フィットネス用の水着は、競泳用のものよりも肌への密着度、圧迫度が低く、水中運動を楽しむのに適した仕様となっています。また、素材のバリエーションが豊富で、デザインに気を配ったものが多いのも特徴的です。ほとんどのフィットネス用水着は、動きやすさや着心地の良さを重視して、やわらかで伸び縮みのしやすい生地が使われています。また、水球用の水着は、競技特性から、滑りやすい素材を2枚重ねにしたり、表面に処理をほどこしたりして、つかみにくく、破れにくい仕様となっています。 このサイトでは、水着を、使用目的の違いによって分類し、それぞれの水着の概要や特徴を述べてまいります。運動や競泳、フィットネス、水球、遊泳に用いられる水着に関する情報を収集したいとお考えの方は、是非チェックしてみて下さい。



◆関連外部リンク◆

>>>水着 通販

デザインや素材の種類が豊富な水着通販サイトをご紹介します。マリンスポーツで着たい水着やリゾートで着たい水着など、シーンに合わせて水着を選びたいですね。