運動用・競泳用のもの

運動用に使用される水着の中でも、オリンピックに出場する選手などのものには、新しい素材やハイテク素材が積極的に採用されています。また、ライフセーバーの使用する水着には、全身を包み込むようなタイプのものが多く存在しますが、こちらは、危険を回避したり、体温の低下を防いだりすることを目的としたものが多くなっています。 次に、競泳用の水着は、水泳連盟に公認されているのが基本です。競泳用水着は、肌への密着度・圧迫度が非常に高く、フィットネス用水着と比較して、伸縮性が低い仕様となっています。こちらは、水の抵抗を受けることが少なく、泳いでいる時に身体が無駄にブレてしまうことを防ぐ効果がありますが、その一方で、耐久性が重要視されていないために、生地の劣化が激しいという問題点があります。また、競泳用の水着は、性別を問わず、サイズ選びに気を配ることが必要とされます。小さいサイズの水着を無理に着用すると、水流による抵抗を受けるリスクが高くなるほか、身体の動きに制限が加わりやすいという問題が生じて来ます。また、小さ過ぎる水着を選ぶと、素材が伸び過ぎて、本来の性能を発揮することができなくなってしまうというデメリットもあります。